読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「わかってる。」

昨日開設して今日見て誰もアクセスしていない。

そりゃそうだ。

 

というか自分ですら見ることを忘れてた。

ひとまず今日は飲みに行こう。

 

明後日からは松山出張。それまでにやれることやっとかないと・・・。

 

飲むのは好きだし。

飲みに行くのも好き。

でも第一歩動き出すのが嫌い。

仕事でもそうだからなかなか終わらない。

飲みに行くのも楽だから行くだけ。

本当は仕事しなきゃだし、仕事もう少ししたほうが明日以降楽だ。

でも逃げるように飲みに行く。

いつもそう。

どうにかなってないことを、どうにかなってる振りして納品して

仕事した気になってる。

やれば5分のことを後回し。

忘れたころにあわててる。

 

「わかっちゃいるけどやめられない」

狩野さんのこと。

芸人の狩野さんが謝罪してた件。

もうしばらく前となったものの、いろんな意見が出てた。(ように思う)

現実問題として年齢を偽ってこられると男性サイドとしては、

いや、男女どちら側にせよ回避不能である。

そもそも青少年健全育成条例なる枠組み自体がおかしい。

ただし、大事な条例であることは確かだろう。

ならば、回避不能なこの状態を解決するために。第二の狩野さんを作らないために。

以下の提案を思いついたので書いておきたい。

 

1.飲酒年齢の引き下げ→現状の20歳から18歳へ

2.飲酒提供時のID確認の義務化および違反提供者側への厳罰化

 

この2点をするだけで回避不能なこの状況がなくなる。完全に。

女性と付き合うならどこか早めのタイミングで「お酒の出る店」に食事に行ってビールでも頼めばよいのだ。飲まなくてもよい。

提供者側へ厳しい罰。それこそ営業停止や高額な罰金でよいだろう。

これがあれば同伴者が飲まなくても同伴者含めてIDを確認する作業が入る。

 

ビールが出なけりゃその子は未成年だ。付き合い方を考えよう。

ビールが出てきて偽造のIDならこちらはわからなかったという大義がある。

そもそもかたくなにアルコールが出る店を拒否するなら

年齢を疑うきっかけになるだろう。

 

現状高卒以上、特に大学生は普通に飲んでるだろうし、

20歳からの飲酒は無理がある。

アメリカ映画でたまに見る子供がビール買えなくて大人に頼むシーン。

日本では見たことない。普通に買える。

こんな問題もなくなる。

 

唯一の懸念事項は国を含めた公務員関係者は、また新しくカードをつくること。

マイナンバーカードをがんばって拡張してほしい。

むしろさっさとアルコール提供時のマイナンバーカードの提示を義務化すればいい。

みんなこぞってマイナンバーカードつくるから普及させたい側としても良いだろう。

 

この程度のことすぐできるだろうに、なぜできない。

しょせん職業人としての政治家では無理ということなのか。

開設テスト

ブログ開設。

 

テスト

 

てすと

 

思いついたことを書く場所にできれば。

 

リアルの生活と関係ない場所にしたい。

 

誰かに見てほしい気持ちと誰かに見られる恐怖と不安。

 

そしてPCのキーボードの「f」「b」「j」が反応しないことが多くてストレス。

 

買い換えたいな。