読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狩野さんのこと。

芸人の狩野さんが謝罪してた件。

もうしばらく前となったものの、いろんな意見が出てた。(ように思う)

現実問題として年齢を偽ってこられると男性サイドとしては、

いや、男女どちら側にせよ回避不能である。

そもそも青少年健全育成条例なる枠組み自体がおかしい。

ただし、大事な条例であることは確かだろう。

ならば、回避不能なこの状態を解決するために。第二の狩野さんを作らないために。

以下の提案を思いついたので書いておきたい。

 

1.飲酒年齢の引き下げ→現状の20歳から18歳へ

2.飲酒提供時のID確認の義務化および違反提供者側への厳罰化

 

この2点をするだけで回避不能なこの状況がなくなる。完全に。

女性と付き合うならどこか早めのタイミングで「お酒の出る店」に食事に行ってビールでも頼めばよいのだ。飲まなくてもよい。

提供者側へ厳しい罰。それこそ営業停止や高額な罰金でよいだろう。

これがあれば同伴者が飲まなくても同伴者含めてIDを確認する作業が入る。

 

ビールが出なけりゃその子は未成年だ。付き合い方を考えよう。

ビールが出てきて偽造のIDならこちらはわからなかったという大義がある。

そもそもかたくなにアルコールが出る店を拒否するなら

年齢を疑うきっかけになるだろう。

 

現状高卒以上、特に大学生は普通に飲んでるだろうし、

20歳からの飲酒は無理がある。

アメリカ映画でたまに見る子供がビール買えなくて大人に頼むシーン。

日本では見たことない。普通に買える。

こんな問題もなくなる。

 

唯一の懸念事項は国を含めた公務員関係者は、また新しくカードをつくること。

マイナンバーカードをがんばって拡張してほしい。

むしろさっさとアルコール提供時のマイナンバーカードの提示を義務化すればいい。

みんなこぞってマイナンバーカードつくるから普及させたい側としても良いだろう。

 

この程度のことすぐできるだろうに、なぜできない。

しょせん職業人としての政治家では無理ということなのか。